病院看護師さんへの感想

出産時に看護師さんがくれた温かい言葉

初めての出産で産院へ行くと、ベテランの看護師さんの中に、見たことのある方がいました。

 

その方は同級生のお母さんで、私のことも覚えていてくれたらしく、すいかのように大きくなったお腹を抱えて陣痛を堪えていると、黙って背中をさすってくれました。

 

「うちの子は去年産んだよ。頑張って!案ずるより産むが安しよ」

 

その方はベテランだけにとても手際が良く、慣れた手つきでササッと背中をさすってくれると少し痛みが楽になるようでした。

 

このまま順調に進むかと思ったお産は、意外にも難産になり翌日の夜遅く、緊急手術を受けることになりました。目の前がグラグラ歪むほど苦しい状況の中で、看護師さんに脇を支えられて手術台へ横たわりました。

 

先生が麻酔を注射し、しばらくして手術が始まりました。

 

周囲に何人もいる看護師さんの中でも一番私の近くに、その方は寄り添って下さり、てきぱきと仕事をこなしながら、始終私に「大丈夫よ」と何度も声を掛け続けてくれました。

 

どれほど時間が経ったのか、朦朧とする意識の中でやっと産声を聞くことができました。

 

安堵して涙の溢れる目を閉じていると、その看護師さんは生まれたばかりの娘を綺麗に産湯で洗い、タオルにくるんで私の近くへ連れてきてくれました。

 

「おめでとう。やっと会えたね。二人でよく、頑張ったね。あなたはいいお母さんになれるよ」

 

そう言うと、生まれたばかりの娘の柔らかい唇をそっと私の頬に当てて、初めてのキスをさせてくれました。目を閉じたまま、ぎゅっと小さな拳を握りしめた娘見ながら、その方の言葉に涙が止まらなくなりました。